Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 01日

4月1日らしいニュース

今朝見て驚いたのは

スカイマーク制服廃止…ポロシャツ姿で乗務
e0142424_23273526.jpg

経費削減の一環で、支給されるのは、ポロシャツとジャンパーで、
パイロットには帽子も。
やっぱりこれがないと格好つかないかも。
私服といってもミニスカのはならないでしょう。(笑)

4/1といえば入社式。
JALとANAは今年も羽田の格納庫で機体を前にして行われ、
e0142424_23334675.jpg

JALはひとり一人が紙飛行機に抱負を書き、安全運行を祈願して飛ばした。。
この紙飛行機でしょう。
と思っていたら違っていた。
どうも経費削減の折、普通の紙のようでした。
いっそ裏紙利用ならもっと良かったかも。(笑)

最前列の新人たち
e0142424_23351854.jpg

ちょっとお茶目な新人も
e0142424_233682.jpg

完全にカメラ目線がふたり。
ひとりはポーズまできめちゃって。
この後の訓練期間が楽しみです。(笑)

オマケ。
e0142424_23391687.jpg

e0142424_233933100.jpg


一方のANAはこれ1枚。
e0142424_23373889.jpg

あらら、同じ新聞社で随分と扱いが違うもんだ。
 
[PR]

by blayboy | 2009-04-01 23:43 | 飛行機 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://blayboy.exblog.jp/tb/9961786
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぅ at 2009-04-03 00:04 x
エイプリルフールのニュースかと思いましたが、
本気だったんですねぇ〜。
ま、国内線は『安い』ほうがいいし、私的には飲み物は持ち込みでOKだし、新聞もいらないと思うんですが。
国内線に限っては、サービス乗務員よりはセキュリティー乗務員として緊急時の訓練を受けてもらったほうがいいなぁ〜。

そういえば、JALの入社式の時、全員で紙飛行機を
飛ばしているところがニュースで流れていましたが、
紙飛行機がすぐ落っこちちゃって・・・
あれって縁起悪くないのかしらん。(いらぬおせっかいですが)
Commented by blayboy at 2009-04-03 00:23
すぅさん こんばんは
セキュリティ要員としての訓練は航空法にも定められているので、
どの航空会社も必須なはずです。

JALの紙飛行機はほとんどが見事な墜落でしたね。
郵送されてきた紙飛行機ならもっと飛ぶはずだけど、
経費がかかり過ぎるんでしょうね。
降り方も複雑なのでやめたのかな。

ニュースの映像でもJALの勝ちでしたね。
Commented by あじゃみん at 2009-04-03 10:43 x
JALはいまだに半官半民みたいな会社ですからね、扱いが違うのは仕方ない気がします。
blayboyさんのようなファンも多いだろうし。

すぅさんの指摘のように、すぐ落ちるという想像をしなかったのは、
どうだかぁ~という気もしますね(笑)
JALにメールしてみようかな「縁起悪くない?」って(マジで)
Commented by blayboy at 2009-04-03 12:42
あじゃみんさん こんにちは
JAL広報の企画力が成果を結んだと思います。

大型飛行機の前で入社式は画になるのでマスコミが取材に来る。
ならはライバルより多く、大きく取り上げてもらいたい。

企業広報としては見事な演出。
落下は議論したと思いますが、飛んだ飛行機は必ず着陸しますからね。

半官半民という批判は判りますが、
民営化の前はナショナル・フラッグとして赤字でも飛ばさなければいけない使命があった訳です。
一方、民間企業であるANA。赤字路線を廃止するのは営利企業なら当たり前です。
もちろん、いまや民間企業であるJALも同じく赤字路線を廃止したいが簡単に出来ない理由がある。

その表面上の業績をステレオタイプ的に報道するマスコミの存在。
マスコミはANAをヒーローに、JALをヒールにする方がオーディエンスの受けがいいのですから。

現在JALは経営上で多くの問題を抱えています。
親方日の丸体質にも共通しますが、
最大の問題は組合ではないかと私は思っています。
Commented by あじゃみん at 2009-04-03 13:01 x
豚しゃぶ食べてお腹いっぱいです。(いいんです、日本だから)

半官半民て言ったとしても、私のに「批判」の気持ちはありません。
そのために飛ばしたくないところも飛ばさなければならない辛さがあるのも分かるし。
ご指摘の組合の問題は大きいですよね。
JALの社長がバスだか電車通勤とかいう記事を読んで、こういうトップがいるなら、なおさら見直さないといけないことも多いのではというのが感想です。
JALの話題は非常にセンシティブだということが分かったので、今後は気をつけるようにします。
Commented by blayboy at 2009-04-03 20:29
豚しゃぶ腹いっぱい食べたいです。
しばらく食べてないなぁ。

年を取るとシャブシャブ派>スキヤキ派らしいのですが、
まだまだスキヤキが好き。

JALもANAも経営状態は良くありません。
お客としてサービスの低下は避けたいけれど、
安全性の確保が最優先。

そもそも国際線が2社も必要か?という議論もあるようですが、
世界でも高い評価を受けている2社が業績を回復して、
より良いサービス(機材もね)を競い合うことを願いますね。利用者としては。

あと、組合が問題と書きましたが、問題=マイナスではありません。
組合には多くのプラス面があります。
ただし、経営上の意思決定が複雑化していることがあり、
そこが問題ではないかと思っているのです。


<< レアアイテム争奪戦      JALのアイス >>