Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 22日

JALのサーチャージ

JALもサーチャージを申請しました。
金額はANAと同じ。

e0142424_14271950.jpg


気になったのは、ゾーンに新旧があること。
プレスリリースによると、
「2009年度の適用条件表は従来より減額した新テーブルといたします。」
ということは、シンガポールケロシン市況価格が上昇してゾーンが上がっても
サーチャージはこれまでよりは低減される訳ですね。

現行のゾーンFは、新しい料金テーブルだと10,500円だから
往復で4,000円のダウン。

需要低迷で下げざるを得なかったのだと思います。
しかし、運賃は値上げ。矛盾してないか?

7月以降はサーチャージなし?
既にヴェトナム航空は3/20以降のサーチャージ廃止を国土交通省に申請。
余計なお世話だが、SQはテーブル見直したほうが良いのでは?

サーチャージは、出発地と到着地の双方に申請するので、
自国の航空会社を擁護する価格設定が行われることが多い。
国土交通省は認可するのかな。
 
[PR]

by blayboy | 2009-02-22 14:45 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://blayboy.exblog.jp/tb/9671072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぅ at 2009-02-23 00:31 x
これだけ原油価格が下がれば、いやでも燃料サーチャージは見直さないとならないでしょうね。
でもその分をAir代金に上乗せするのはいかがなものか?
燃料サーチャージがあってもなくても、3月と4月で総代金変わらずっていうのも
なんだかな〜って感じですよね。
結局、客足は戻らずで、自分で自分の首を絞めることになるだろうに・・・
Commented by blayboy at 2009-02-23 09:40
すぅさん こんにちは
シンガポールへの正規割引料金の総額で5,000円から10,000円のダウンだと思います。
サーチャージが22,000円下がった分の半分が値上げで相殺。

>結局、客足は戻らずで、自分で自分の首を絞めることになるだろうに・・・

個人客相手にはプロモーション料金を出して来ると思います。
ビジネス客の方が搭乗者数が激減しているので、値上げは仕方ないのでしょう。


<< メキシコ料理@BKK      Dusit Thani Ban... >>