Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 31日

最後の晩餐はKOPI TIAM@swissotel

家族旅行のフード篇のラストは文字通り帰国前の夕食。
いつもの通り、スイソテルのコピ・ティアムで頂きました。

とりあえずのサティ。S$14.00++
e0142424_18424560.jpg

Leeさんがブログでクトゥパを紹介した時
私も書いたので詳しくはそちらを読んでください。

サティ(または春巻。あれば必ずロティ・プラタ)をアテにタイガーを飲みながら、
窓の外に夜の帳がゆっくりと下りてきて、
エスプラネードの屋根の灯りが少しずつ輝きを増していくのを眺めるのが好き。

入り口から4番目か5番目の窓際のテーブルがベストポジション。
そのために、開店直後を狙っていきます。(笑)

初めてオーダーしたクリスピー・ポーク。S$15.50++
e0142424_18505923.jpg

これもビールのアテにいいのだが、
奥さんは飲めないのでライチ・ジュース。Zinaneはアイス・マイロである。
e0142424_1853160.jpg

奥さんはライチが沢山入っていることに感激。
Zinaneはいままでミロを飲んだことがないというので、マイロで初体験である。

Cho-naneにはよく飲ませた時期があったと記憶しているが、
Zinaneは好き放題にやっていると言うか、親があまり手を掛けなかったらしい。(爆)

ここに来たら食べたいのが、ラクサと肉骨茶。
この店の名物であるラクサは旨いが高い。S$15.50++
その分、具材はこれでもか!と言うほど入っている。
e0142424_19131074.jpg

かつて我慢が出来ずに両方を食べてしまい、はち切れそうなお腹を抱えて帰国便に乗り込んだこともあった。

蟹のマカンスートラでは2.0Bowl(Excellent)だったが、グロい魚の新版では落選。
味は変わっていないと思う。
下がった理由を知りたいが、掲載されていないことにはわからない。

勿論、肉骨茶も高い(S$15.50++)のだが、
マレー系の黒スープで旨い。
e0142424_198950.jpg

このままでは甘いのでチリで味を調える。
e0142424_19155622.jpg

デカすぎ?でもおいしそうでしょ。
これだけでも唾液が。(笑)

チャンギのラウンジに行けばタダ酒もあるのだが、
ここでシンガポール最後の食事をすることが恒例になっちゃたので
どうもこの儀式をしないと落ち着いて帰れない。
 
 
[PR]

by blayboy | 2008-12-31 19:23 | Singapore | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://blayboy.exblog.jp/tb/9319063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 佳き年をお迎えください      NNAが選ぶ10大ニュース >>