Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ウタパオからの帰国記( 4 )


2008年 12月 07日

JALの機内食(2008.12. ウタパオ→成田 C)

ウタパオからの飛行機は臨時便である。便名も通常の3桁ではなくJO8718と4桁だった。
タイにいる日本人の帰国目的なので、成田からはクルーのみで飛んでくる。
この便は香港で給油して来たとのこと。

当時、日本からタイへ行くにはTGを利用するしかなかったらしい。
拠点長も日本に行ったきり戻れない人がいると言っていた。

帰国便が確保されると、皆の次の心配は機内食である。(笑)
臨時便故に、出る・出ないから始まったが、最低でもランチボックスは出るだろうとなり、
次のテーマはどこで積み込むか。
成田が多数派だったが、私はバンコクに1票。
理由は、成田には無い"チキン"があるから。(爆)

出発予定時間の5時より少し早く誘導路へ。
離陸の記憶もぼんやりで熟睡。
1時間くらいで目が覚めたが、まぶたの重いこと、重いこと。

そこでようやく、ドリンクのサーヴィスとなり、
「シャンパーニュはありますか?」と聴くと「はい、ございます」との返事。

ようし!これでランチボックスでは無いことが決定。
そして、食事の案内だが、メニューは配られす、見せられずで
「ビーフかシーフードがございます」

うっ、チキンの選択肢は無かったのね。
そこでシーフードは何ですか?と訊くと、
「お魚と魚介の・・・」

こんな時に訊いた私が悪かったので、ビーフを頼みました。
e0142424_216591.jpg

スモークサーモンとラタトューユ
牛フィレステーキ ピカントソース、マッシュポテト、温野菜
フレッシュサラダ
フルーツ

スープとチーズはありませんでした。

食事は成田で積み込んだのでしょうか?それとも香港か?
手元に11月のメニューがないので確認できません。

到着前にアイスクリームもいただきました。

しかし、この時にカップ麺も配っていたのですが、
私はこのにおいがまったくダメ。しかも集団が時間差攻撃をしてくるので、
その間はハンカチを鼻に当てて過ぎ去るのを待つのみ。

アイスを食べる時にはすっかり溶けていました。
  
[PR]

by blayboy | 2008-12-07 21:09 | ウタパオからの帰国記 | Trackback | Comments(0)
2008年 12月 05日

ウタパオからの帰国記 その3 (完)

日曜朝の時点では、週末の出国はなく火曜日頃かなという気持ちでした。

午後はタイの拠点長からのお誘いで、東京組の女性二人とウィークエンド・マーケットへ繰り出すことに。

まずは腹ごしらえ、タイ料理が続いたのならと、拠点長がお気に入りのチャイナタウンのお店へ。
美味しい食事を楽しんでいると、帰国便が決まりそうだという連絡が携帯に。

鱶鰭スープ、乾海鼠のスープ、牡蠣の卵とじ、タイ風炒飯などを食べている内にほぼ確定。
デザートを食べながら、他のメンバーにも連絡。
ウィークエンド・マーケットで予定通り買い物をして、(笑)
16:30頃ホテルへ戻り、チェックアウトして21:00にロビー集合を全員に再度連絡。

東京組は8人なのだが、ひとりだけANA利用。
彼だけがJAL臨時便(12/1 05:00)の確定リストに入っていない。

12/4のANA便(13:30、のちにフライトがキャンセル)は確定済みだが
私より彼の方を早く帰国させたいくらいなので、いろいろと調整してもらったがこれ以上は無理らしい。
※この非常事態で、私の席を彼に譲ることは不可能でした。入れ替えようすると、ふたりとも席を失う危険が。

のんびりと構えていたのが、急に帰国が決まったので、
お土産とかを買い、パッキングして、再び東京組女子2名とマッサージ&夕食へ。

スーツケースを取りに部屋に行くと電話のメッセージ・ランプがフラッシュしていたが、
どうせチェックアウトなので無視して行くと、
空港閉鎖で延泊した分にタイ政府から2000B/日の援助が出たと言う知らせだった。

このせいで(?)、最初にチェックアウトした同僚は40分もかかったそうだ。
私は最後の方だったので、ホテル側も慣れて15分くらいで終了。

21:30に拠点のバンでJALバンコク支店へ。
私達が乗る臨時便の受付は22:00-24:00との案内だった。
10分くらいで到着すると、既に多くの人が集まっていた。

最初にテーブルの上にスーツケースを広げてチェック。
セキュリティー・チェックのシールを貼ってもらい、次はスーツケースを持ってチケットの発券へ。
列の横のテーブルに無料配布のミネラル・ウォーターが並べられていました。
e0142424_15164862.jpg

※片手で、夜間の撮影のためピンボケ写真が続きます。スミマセン。

プリントされた乗客名簿とパスポート、eチケットをチェックして発券。
手渡された搭乗券は手書きでした。
e0142424_15211755.jpg

ここでスーツケースを預けることができ、身軽になって出国審査へ。
ちゃんと係官が来てスタンプを押します。
この時点で出国したことになるので、区別するためのスールが胸に貼られます。
e0142424_15305772.jpg

PCで製作してプリントしたもののようですが、このシールがないと帰国できません!

出国手続きが終了してJALが手配したバスに乗ってウタパオに向かうのですが、
e0142424_15425228.jpg

出発予定時刻は05:00で、まだ6時間近くある。
そうなると商売を考える人はどこにもいるようで、ロビーで弁当が売ってました。
e0142424_15382974.jpg

この小さなお稲荷さん3個で150B。いい商売ですねぇ、日○亭さん。

JALの職員さんが搭乗までの説明をしてくれました。
e0142424_1544860.jpg

ウタパオまでは約2時間半で途中に2回の休憩を取ると言うことでしたが、
実際は最初に寄ったセブンイレブンとトイレのある場所で約40分間(!)の休憩1回で空港へ。
e0142424_15464784.jpg

車窓を見てお稲荷さんを買ったことを後悔。

空港は海軍基地とか臨時空港と言われていますが、フィンエアーなども定期利用している空港。
自家用車やタクシーが沢山駐車しているゾーンの奥に、航空会社が手配したバスの群れが。
e0142424_155397.jpg

ここでは乗客名簿の照合上、バス単位で搭乗するためにここで約40分間の待機。

e0142424_15553838.jpg
ようやく順番が来てターミナルへ。
列は長いのですが、ほとんど止まることなく流れました。
フェンスの向こうにはTGの機体が。
e0142424_15575620.jpg

反対側にはテーブルがあり、パン屋さんも。
e0142424_15592787.jpg

もう3日目なのでゴミが凄い。
e0142424_1604290.jpg

JALの職員を見ると安心します。
e0142424_1633259.jpg

この先で機内持ち込み手荷物の検査。ここでは普通のセキュリティー・チェックが行われます。
椅子に座っているのはバジェット・エアーの客さん。皆さん疲れ果てた様子。

半券をもらってバスで機体の横へ。久しぶりにタラップで機内へ。
e0142424_1610536.jpg


3日目とは言え、総じてJALのオペレーションは素晴らしかったと思います。

ANA便だった彼も、翌日のJAL便に乗って帰国。
タイのマジック?  不思議だぁ。

帰国までの備忘録
◆チェックアウトは早めに。航空会社のバスに間に合わないと自腹です。
◆航空会社のマイレージ会員は有利(かも)。顧客ナンバーとステータスは控えておく。
◆非常時に航空会社の電話はなかなか繋がらない。レフト・オーヴァーの権利があったら行くべし。
◆どんな時でもアジアはアジア。高い飯を買ってはいけない。
 
[PR]

by blayboy | 2008-12-05 16:36 | ウタパオからの帰国記 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 04日

ウタパオからの帰国記 その2

空港占拠の始まった当時はBBCでもよく取り上げていたのだが、
ムンバイの事件が発生してからは、進行形のムンバイばかりとなり、
空港周辺の情報をTVで知るにはタイの放送局に頼ることになる。

しかし、日本で放送されていたと言うウタパオの"動いている"映像は目にしなかった。
現場から音声だけの中継がほとんど。
何を言っているのかサッパリなので、英字紙と読売新聞の衛星版となる。
読売はバンコクで印刷しているので、朝5時には部屋に届く。

空港閉鎖で読売は国外への配送が出来なくなったとのお詫びのチラシが入っていた。
朝日と日系はシンガポールで印刷。

最初に帰国できたのは、業務で早く帰る必要のあった台湾からの参加者で
セミナー最終日の木曜に車でチェンマイまで行き中華航空で帰国。

セミナーの終了後も朝・夕に全員を集めて状況説明を実施。
金曜日にマレーシア組は大混乱だったウタパオから帰国。

その後も少しは帰国便が決まった人たちもいたが、
土曜夕方の情報では、東京組は早くても12/2の02:00か05:00の臨時便の可能性となり、
また大半が残っていた各国からの参加者と一緒に週末をバンコクで過ごすこととなった。

今回のホテルは伊勢丹も入っているセントラル・ワールド(旧ワールド・トレード・センター)向かいのアノーマ・ホテル。
タイに入国する人がほとんどいない状態なので、ホテルの延泊は問題なし。
カードキーが出発予定日で一旦使えなくなっただけで、部屋もそのまま。

ウタパオへは航空会社が用意したバスで行くことになるのだが、
連絡が1時間前ということもあったので、ホテル周辺で待機。

このホテル周辺は買い物には困らない。
また食事は何度もセントラル・ワールド内のお店へ。

メンバーの組合せ違いで連日おなじタイ料理屋さんに行くこともあった。
美味しい店だったからかまわないけどね。

日曜は朝の召集をかけず事務局だけで集合だったが、
残っていたメンバーが朝食を食べにやってきた。
こういった非常時には、いつも以上の連帯感が生まれる。

翌週の仕事を考えて、直行便だけでなく一旦KLやシンガに出て、
そこから各国への帰国も検討。
タイ航空の便数が多いので可能性は高いはず。

陸路はタイ南部は危険度が高いのでバスは封印。
鉄道もKLまで18時間(?)という情報で諦めた。
オリエント・エクスプレスならOKだけど。(笑)

この時点での備忘録
◆TVがタイ語で解からないなら、ホテルのフロントに状況を訊く。
◆見込みが無いからと言って遠出をしない。(ゴルフや日帰り観光など)
 
[PR]

by blayboy | 2008-12-04 01:34 | ウタパオからの帰国記 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 03日

ウタパオからの帰国記 その1

バンコク入りしたのが23日(日)の夜でホテルに着いたのは22時頃。
それからBanyan Treeホテルの屋上にある"Vertigo"に出撃。
前に紹介した"The Dome"と共にバンコクのスカイバーの代表格。

翌日は朝から会議とリハーサルをしてからちょっとだけ"The Dome"へ。
実はこのスカイバーは今回の演習課題だったので関係者に体験してもらうのが目的。

25日の火曜日にセミナーが始まり、夜には業務で出発が遅れた"イケメン"がひとりで到着。
"イケメン"は同僚の良妻賢母美人社員が名付け親ですが、日本女子の受けは半々(?)。
アジア女性のウケは良かったようです。

日本女子の反応は"イケメン"という言葉の期待からの反応でして、
私から見てもハンサム&ナイスガイです。既婚者で子供もいます。

と関係ない話は置いといて、そう、25日です。

彼が到着した時に、PADのメンバーが空港内への進入に成功し大歓声が上がっていたそうです。
イケメン君は「夜中にお祭りとはさすがなぁ」と思ったそうな。
でも両替は閉まっているし、リムジンタクシーのカウンターは誰もいない。
しょうがなくATMでキャッシングし、タクシーを拾ってホテルに到着。
彼の乗ってきたJALは到着した最後のグループの一機でしょう。
空港で爆弾事件があったその4-5時間後か。

私たちが空港占拠を知ったのは翌日の朝刊とTVニュース。
情報集数して参加者への説明は9時から。
イケメン君に連絡したらまだ寝ていたらしく、
昨夜のことはまだ知らずの状態。

しょうがないのでそのまま寝かせて、
起きてきてから話しました。

その時点では27日18時までの空港閉鎖が決定。
一番早く帰るのは良妻賢母美人社員の27日夜便なので、
解決しても出発は28日午前3時以降。
ここで近ツリさんに電話して30日夜便の確保を依頼。

27日の夕方には閉鎖が29日18時まで延期となり、
東京でブッキングしたフライトはすべてキャンセルとなり、30日夜便に切り替え。
夜9時に2空港に対する「非常事態宣言」が出されるも警察の介入はなく長期化へ。

28日18:45(現地時間)には在タイ日本国大使館が「臨時便のお知らせ(至急)」を発表。

その後29日15:30に発表された(続報)の一部です

※当該JL便に関しては、日本航空によれば「11月25日の空港閉鎖以降に欠航した便に予約を持っている乗客に、順次連絡をしており、予約センターや旅行会社での予約は受理しません。」「ウタパオ空港までの移動方法等については、順次連絡をしている際にお知らせすることにしています。」とのことです。

※日本航空によれば「26日、27日の便を予約されていた方は、直接JALバンコク支店(バンコク都内ラーチャダムリー通り所在の『ナンタワンビル (BTSラーチャダムリー駅東側直近) 』内所在のカウンターまでご来店ください。それ以降の便の予約の方は、別途ご連絡ください。」とのことです。


ウタパオ発の臨時便は、注意書きの通り日本の代理店からではブッキングが出来ず、
バンコク支店との交渉はタイの拠点が対応。

29日16:37、JALから30日夜便のキャンセルが携帯のメールに。

この時点での備忘録
◆できるだけPCは持って行こう。(大使館のHPはお気に入りに。電話は携帯に登録)
◆航空会社の支店の電話番号も控えておく。地図も。
◆念のため、日本の代理店にも相談。何かの情報がある可能性が。
◆延泊が可能かどうかをホテルに確認。
◆地元にツテがあったら相談。
 
[PR]

by blayboy | 2008-12-03 01:09 | ウタパオからの帰国記 | Trackback | Comments(2)