Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅( 11 )


2012年 02月 08日

パスポートの疑問

実は博識のポン太所長に訊こうと思ったいたら、
ちょうど所長が取り上げていたのでパスポートの疑問を書きます。

【疑問その1】
出国頻度に合わせて詰め詰めにされているのでしょうかね?

【疑問その2】
外国のスタンプは必ず入国と出国のスタンプが左右か上下のセットになっているが、
日本はセットになっているのが少ないけど、それってどうでもいいことなの?

この疑問を思ったのは、この前かその前に、
成田のパスポート・コントロールでふと目にした赤の他人のパスポート。

所長のほどではないが1ページに6個ぐらいのスタンプしかなかったが、
私のはほとんどの頁に8-10個は押してある。
e0142424_0283234.jpg

反対頁に写ったスタンプのインクもあるので判りにくいが、左(10頁)は9個、右(11頁)には10個。
e0142424_0311184.jpg

これは9個ずつ押してある。ただし、出国は右に、帰国は左に押す傾向が。(笑)
おまけに、右下のスタンプは2個ともはみ出しているので審査官の番号はない。

出入国の管理がこんなにいい加減でよいのか?
外国人には厳しいけど、自国民はどうでもいいってこと?


昔のパスポートを見たら、
e0142424_0333065.jpg

スペインのお国柄か、適当な押し方ですな。(笑)
e0142424_0334015.jpg

左頁は上のスタンプのみで、下のは裏写りです。右頁に3つ。
e0142424_0335135.jpg

この頃は年に1回あるかないかだったので、
詰め詰めではないし(むしろ空け過ぎ)、どれもセットになっている。


ちなみに、3年半ぶりにシンガポールに行ったZinaneのは
e0142424_0371767.jpg

e0142424_0372788.jpg

おや、所長並みに日本のもセットになっている。

私のが変なのでしょうか?

最後に、前回シンガポールに行った時のスタンプ。
e0142424_0403597.jpg

最後の23ページに帰国のスタンプはありますが、
出国はというと、






最初の写真の右(11頁)の一番上にあります。 orz
[PR]

by blayboy | 2012-02-08 00:47 | | Trackback | Comments(15)
2011年 10月 10日

海外旅行携帯品チェックリスト

年に数回もパッキングすれば覚えることでしょうが
直前まで資料作りで残業して、深夜にパッキング。
睡眠時間が気になると忘れ物することも。

そこで頼りにしているのがこのチェックリスト。
5年くらい前にネットで情報をカスタマイズして作り、
その後も気づいた時に追加・削除したものです。

エクセルでA4裏表に納まる行数で作っています。
表頭はこんなかんじ。
e0142424_19242878.jpg

表側に入れるアイテムは一応グループ化しました

 パスポート(有効期限)
 ビザ (有効期限)/ 電子渡航認証(ESTA)
 航空券
 リムジンバスのチケット/バウチャー
 現地交通機関のチケット/バウチャー
 ホテルの予約確認書
 現金(日本円)
 現金(現地通貨)
 クレジットカード
 名刺
 お土産
 海外旅行保険のコピー
 重要書類コピー
 証明書用写真
 家族の写真
 薬類 (風邪/胃腸/乗り物酔い/頭痛)

 スペアメガネ・メガネ拭き
 メガネ・ケース(空)
 腕時計
 海外携帯 / スタンド
 乾電池(スペア)/携帯・カメラ充電器
 コンセント・プラグ
 カメラ / 三脚
 仕事ファイル/USBメモリー
 PC / Net Book
 電子辞書
 Digital Music Player
 目覚まし時計
 スリッパ
 筆記具(ボールペン・マジック)
 ノート
 単行本/文庫本
 オペラ・グラス
 サングラス
 マップ
 目薬/爪切/
 ガイドブック/闘魂English/Makansutra
 雨具 / 日傘
 ワンショルダー・バッグ/エキストラバッグ

 歯ブラシ・歯磨き粉
 シャンプー・リンス
 化粧品 / 日焼け止め
 髭剃り
 髭剃り鋏
 シェーヴァー
 ハンディ・ウォシュレット
 浴用タオル
 裁縫セット
 ドライヤー

 下着
 靴下 
 トップ (Yシャツ )
     (シャツ、ポロシャツ)
     (Tシャツ)
 ボトム (替えズボン)
     (ショートパンツ)
 スーツ/ネクタイ
 靴 (スニーカー)
    (革靴)
 パジャマ
 ハンカチ・タオル/ハンドタオル
 ティッシュ / ウエット・ティッシュ
 ランドリーバッグ
※水着/サンダル
 ジム用トレーニングウェア、シューズ
 オーバー・コート
 スカーフ・マフラー
 手袋 / 帽子
 タオル

※風呂敷
※ガムテープ / ビニール袋
※ヒモ・輪ゴム
※洗剤 / 柔軟剤
 トイレットペーパー
※腰痛用コルセット
※アーミー・ナイフ/ソムリエ・ナイフ
 コップ
※ナイフ・フォーク・スプーン、食器

※のついたアイテムはスーツケースに常駐しています。

ドライヤーは持っていったことなし。
普段も使いませんが、奥さんが使うので念のため。


友人にも好評です。
[PR]

by blayboy | 2011-10-10 19:22 | | Trackback | Comments(4)
2011年 10月 10日

くるくる2WAYスリッパ

すぅさんから
>ああ、このてのホテル、特にヨーロッパのホテルでは、高級ホテルへ行かないとスリッパはないですもんね。
というコメントをいただきました。

バジェットホテルだと、タオルとソープ以外はないところもありますね。

最近は使い捨てのスリッパが普通になり
衛生面での抵抗感はなくなってきたと思いますが
私は"ペタペタ"する音が嫌いで履きません。

その代わりにマイ・スリッパを持参しています。
くるくる2WAYスリッパです
e0142424_17292621.jpg

e0142424_17301423.jpg

靴べらはついてません。(東急ハンズで購入) シューキーパーもね (笑)
2WAYな部分
e0142424_17311013.jpg

ゴムでできているので下に敷いた時はペッチャンコです。

折りたたんで収納した状態
e0142424_1733060.jpg

靴べらを挟んでおいても外れません。

機内でも使っています。
とても気に入っていますが、3年前に生産終了。

それに気づいて6個ほどネットでかき集めて購入しましたが、
すでに2つは底が破けました。
また1個はシンガのタクシーでバッグを整理した時に落としたことに気づかず。

後継商品はコチラですが、私的にはかかとの部分が残念です。
[PR]

by blayboy | 2011-10-10 17:45 | | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 15日

爆睡の友

明日今日の朝便でシンガ出張。
今日はもう少しで寝れそうな勢い。(メールチェックをしなければ確実だが。。。)
明日今日の朝は5時に起きるからと、

とは言っても、日頃の寝不足、
特に土曜のマンUのゲームが24:30開始で
そのままウイイレやっちゃたりとか(笑)

すぅさんが爆睡の話を書いていたが、
新百合が丘でリムジンバス乗ったら爆睡は必須。

ここでちゃんと寝ておかないと、
映画を2本観れません。 (←これ大事)

そこで活躍するのがピローです。

実は成田からの帰りのバスで爆睡し、
首を寝違えたことがあり、
格好なんか気にしている場合ではないと気付いた。

これが出発日だったらタイヘンですから。(笑)

さるころさんも世界一周の旅に出る前の旅支度@東急ハンズで
その筋のスペシャリストさん(世界一周経験者)に
「ピローはあるといいよ」
と勧められていました。(購入したかは不明)

ピローも数多くあると思いますが、
オススメはコレ!
e0142424_037258.jpg

Eagle Creek Travel Comfort シリーズの Neck Pillow (日本ではネイヴィー、チェリーレッド、チャコールの3色らしい)

なにがオススメかというと、フーフーで膨らむこと。

他のと同じじゃん。

と思われたアナタ!
フーフーの2口で完璧に膨らむんですよ。2口で!(個人差があります。私の場合で)

そのヒミツはこれ
e0142424_026827.jpg

ハイ、単にデカイ口です。

もちろん、アッという間に空気が抜けます。(笑)

畳んだ状態。
e0142424_0301452.jpg

本体の一部がカヴァーになるので便利。
素材はマイクロフリース。

必携です。
[PR]

by blayboy | 2009-09-15 00:44 | | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 11日

新しい目覚まし時計

バンコクで目覚まし時計が日本の電波を拾ってしまい、
2時間も早く起こされた事件(しかも2回も)。


仕方ないので電波式ではない目覚まし時計を買いました。

いまどきの目覚まし時計は電波時計がほとんどで選択肢は少ない。
更に携帯用ともなるとほとんどない。

あるのは、こだわりの逸品なのか
値の張るものが出てくる。
e0142424_1943254.jpg

MONDAINE トラベル アラーム クロック ナイトビジョン ホワイト文字盤 ブラックレザーケース付き
お値段は22,68円(参考価格:28,350円)

桁がひとつ違うよん。
更に現地と日本時間の両方の表示が可能なのが欲しい。

ということでこれになりました。
e0142424_2053030.jpg

いままで持っていったのより少し小振り。
とっても薄いくて軽い。
e0142424_2085932.jpg

I.D.E.Ainternational トラベルワールドアラーム 黒 FDA007-B 4200041

下のLocalをシンガポールにセット。
周囲のリングを回すと上のWorldに表示される。
バックライト、スヌーズ付き。

やや電子音が小さいと感じたけど、ちゃんと毎日起きれました。(心配だったので携帯も併用)

シンガポールやマレーシアなどに行く限りは時間を合わせる手間もなし。
台湾、フィリッピン、ブルネイもOK。
モンゴルも同じゾーンか。
開高さんが釣りに行ったので興味あり。

あまり行きたくない国も含まれるんだよね、このゾーンに。
数年前にその国でのプロジェクトに入れられたけど逃げ切り成功。(笑)
暫くは大丈夫だと思うけど。
 
[PR]

by blayboy | 2009-04-11 20:19 | | Trackback | Comments(13)
2008年 05月 25日

クレジットカード

いまや海外旅行はクレジットカードと日本円でOK。
TCって使いますか?

でも、海外旅行を始めた26年前はTCを持って行くのが普通。
AMEXのTCを持っていくと不思議と安心だった。

最初のクレジットカードは就職した会社の第1口座に指定された銀行系でUCカード。
その頃は席までセールスの人が来た。
UCカードにはMasterとVisaがあったが、オススメはMaster。

「海外でも使えて便利ですよ」の言葉を信じたが、
最初の海外旅行(パリ・モントルー・ローマ)ではほとんど(一度も?)も使えず轟沈。
TCのおかげで助かった。

帰国後に海外旅行の達人に訊くと「AMEXとVISAの組合せが最強」との御神託。
ふたつともすぐにゲットしたが、
その直後に行ったのが中国だったので検証できず。

その翌年にはノルウェー。
AMEXとVISAは強かった。
どこでも使えた。

でもAMEXはオーソリ取るのに時間がかかる。
アムスでのトランジットの時には、
休日のせいだったのかは俄かに不明だが予想以上に時間がかかり、
最終搭乗案内までして頂き、地上職員にせかされて走り、
最後のひとりへのあの冷た~い視線を浴びでシートに戻った。

AMEXを出すと、
お店によっては他のカードはは持っていないかとよく訊かれた。
手数料が高かったためだが、
海外ものはL.L.BEANなどのカタログ通販も含めてAMEXをメインカードにした。

その数年後、同じマンションで友達になった人の推薦でダイナースに入り、
クラブポイントをANAのマイレージに移行できるのでメインカードにして
AMEXは海外通販専用に。

その後20年以上経ち、
最近では国内はJAL-JCBカード
海外はAMEXとなった。

JAL-JCBは単純にマイル獲得が目的だが、
海外でJAL-JCBカードを使わず、AMEXにしている理由は安全のため。

L.L.Beanなどもネットで買う時代。
一部には誤解があるが、ネットの方が安全なのに対して、
リアル店舗でのカード利用はリスクが伴う。

そこでカード会社のポリシーと実績から信頼度を測ると
AMEXが一番強い、と私は思う。
問題が起こってからの対応は一番だと聴く。

逆に考えれば、
AMEXの使えない店は信頼度が低いので現金決済が原則。

そうなると今度はAMEXからゴールドカードへのスウィッチ勧誘メールが来る。
まあ、そんなもんは一切無視で、生涯グリーン宣言!
[PR]

by blayboy | 2008-05-25 23:58 | | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 07日

ピロー・マネー

置いても置かなくても良いようだが、私は置く派。

置き方だが、こんな風にしている。
e0142424_23213885.jpg


コインの下にはスマイリーフェース。
コインは状況によって積みあげる。(といっても2,3枚)

昔はお金だけを置いていたが、
「おとなのマナー講座」などで旅館の仲居さんに心付けをどう渡すかがあると、
渡す、渡さないでサーヴィスは違わないとかある反面、
ポチ袋のセンスが大事などとある。

一体どっちなんだと思っていたら、
心付けより「ありがとう」などの言葉が嬉しいという女将さんの話があった。

そこで数年前からこの作戦で行くことにした。

連泊となれば、「谢谢」 「Gracias」 「Merci」それに「感謝」など書いてみる。

部屋に戻ると跡形も無いことも多いが、
あるハウスキーパーはこう返してきた。
e0142424_23392326.jpg


個人差もあると思うが、
返事がある・なしはホテルによって違う気がする。

昨年春からスイソテルは毎回レスがある。
パークホテル・オーチャードも毎日レスがあったが、
RitzのつかないCarltonは一度も無かった。
[PR]

by blayboy | 2008-05-07 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 05日

Web Map Service

前に紹介したお店SARAVANAA BHAVANのリトル・インディアのお店が、
先月25日に移転したようです。

新しい住所 : 84, Syed Alwi Road, Singapore - 207663
         Phone : 629 777 55 Fax : 629 690 50
         Capacity : 160
         Timings : 8 AM to 11PM

早速Web Map Serviceを見比べてみた。

Street Map@Singapore
e0142424_20501338.jpg

HP上のmapは保護されているので右クリックで保存出来ない。
Print/Saveから保存可能だが、場所を示す記号がなくなる。
(上の赤い☆はPhotoshopで加工)

Singapore Maps
ほぼ同じ場所が出たが、mapの保存は出来ない。
プリント機能も無いのでページごと印刷するしかない。
※mapのズームと左スクロールが効かないのは私だけ?

Singapore ShowNearby
これも出ました。 Googleの地図を利用。(航空写真もOK)
コチラも画像保存が出来ません。
Niqqi'sで試すと、同じGoogleの地図でもDBが違うらしくちゃんと出た。

streetdirectory.comが復活するまでは、
Street Map@Singaporeが良いようです。

いずれもシンガポールの郵便番号で検索すると便利。

シンガポールのお店は開店・閉店や移転が良くあるので、
過去の情報は鵜呑みにせずに各自でお確かめください。
[PR]

by blayboy | 2008-05-05 21:30 | | Trackback | Comments(2)
2008年 04月 30日

航空機用イヤフォン・プラグ・アダプター

機内で映画や音楽を楽しむ時は
SONYのノイズキャンセリング機能付きのイヤフォンMDR-NC22を使っている。
普段も使っているが、これには航空機用のプラグ・アダプターが付属している。
e0142424_22565264.jpg

座席にあるヘッドフォンは普段使い慣れないせいかどうも気になってしまうので、
毎回これを愛用している。

しかし、いままで2回ダメにしたことがある。

最初はシンガポールからの夜便。
シェルシートだったのでフルフラットにして熟睡。
恐らく寝返りをうった時にプラグが外れ身体の下に入り、
目が覚めたら押され中央部分が折れ曲がっていた。

なんとか差し込むことは出来たのでその時は使えたが、
本格的な修理は不可能。
このパーツだけ売っていないかとSONYに訊いたらありました。
e0142424_23103233.jpg


ソニーサービスステーション、ソニー修理受付認定店で購入可能。

「MDR-NC22に付属しているプラグ・アダプター」と言えば通じます。
1-473-686-11が品番。
値段は1,470円でした。

もちろん、どのメーカーのヘッドフォン、イヤフォンでも使える。

そうそう、2度目は前回。
成田に着くのでイヤフォンを撤収した時、
イヤフォン本体のプラグ部分から抜けてしまい、
アダプター・プラグはアームレスト側に付いたまま。

そのことに気付かずに帰宅。
問い合わせたが見つからなかった。
仕方ないのでまた追加で2個購入。

ご存知のことと思いますが、
ノイズキャンセリング機能は離発着時は使用禁止です。
[PR]

by blayboy | 2008-04-30 23:34 | | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 08日

TRAVELER'S notebook

2年くらい前に銀座の伊東屋で見かけ気になっていた革製の手帳。
これを持って旅をしたら楽しくなるかなと思いながらも、
旅行用のメモ帳は持っていたのと、値段も値段だったので躊躇していた。

でも、ステーショナリーの誘惑には弱い性質なので、
去年の春に買いました。
e0142424_2252525.jpg


牛革はチェンマイで作られている。背表紙にMADE IN THAILANDの刻印。
紙は日本製。作ったのも日本の企業。

買ったのは黒革。伊東屋でネームも入れた。
スターターキットには、コットン製の袋とゴムバンドのスペアがついている。
無地のノートは癖が無いようで、万年筆もOK。

前に使っていたのは万年筆との相性が良くないのでボールペンで書いていたが、
やはり旅行記には万年筆が似合うと思う。
買って大正解。

酔ってなければホテルでも書くが、
帰国前にコーヒー・ショップと空港のラウンジでまとめて思い出を書く。

1年経ってゴムバンドや爪で擦った跡がついて旅の道具らしくなってきた。
やはり革製品は使い込んで味がでる。

ペンケースも伊東屋で購入。
e0142424_2372290.jpg

グルグル巻くタイプはペンをまとめて袋に入れるのが多いけど、
それだとすぐに使いたいペンを出しにくい。
これは1本ずつ分けて収納できる。
またジッパーつきのポケット(右の飛び出した部分)があり、スペアインクの収まりもいい。
色で悩んだが数量限定品だったので見つけた翌日に購入。
(グリーンだったら即決 理由はここ

飛行機の中では万年筆の爆発を恐れ、
キッチンペーパーで包んだ後ジップロックして格納。

いままで大丈夫だったが、前回の帰国後に爆発。
月曜朝の会議室で青と緑のペイント爆弾を被弾して右手が不気味な色に染まった。

品名:TRAVELER'S notebook (HP)
値段:スターターキットが税込3,360円

※HPを見たらリフィルが増えていた。また伊東屋に行かないと
[PR]

by blayboy | 2008-04-08 23:45 | | Trackback | Comments(0)