Spice > Nice

blayboy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クッキング( 7 )


2009年 11月 22日

辣味星洲炒麺

KOKA Spicy Singapore Fried Noodles
e0142424_15374918.jpg

とてもポピュラーなインスタント麺なので、日本でも購入可能。
e0142424_15382813.jpg

スパイスとオイルペースト。
e0142424_1540487.jpg

麺を茹でて袋のスパイスと混ぜれば出来上がり。
粉末のスパイスを混ぜるには完全に水切りしない方がいい?

tontantinさんの紹介ビデオ。(笑)

茹で時間が3分になっていますが、取説では2分間。
私は1分40秒で作ります。

胡瓜、目玉焼き、揚げ玉葱を載せて出来上がり。
e0142424_15453472.jpg

サンバル・チリで味は調整。
麺の出来がもう少し良ければなぁ。
[PR]

by blayboy | 2009-11-22 15:47 | クッキング | Trackback | Comments(4)
2009年 10月 18日

カリーミーが食べたくなったら

先日すぅさんがホンリムで食べた美味しいカリーミーを紹介していたのを読み、
朝からメチャメチャ食べたくなった。

ランチはムリとしても夕飯は。。。

そこで常備しているコレの出番かと思ったが、
e0142424_22254114.jpg

先週は残業が多くて諦めて週末に作ることにした。

まずはチキンカレーのパウダー。
e0142424_22264288.jpg

出来合いですがインド製。
e0142424_2230816.jpg

自然な色で香りはほのか。
e0142424_22321383.jpg

卵麺とビーフンを用意。
e0142424_2233482.jpg


海南鶏飯食堂Cookbookのレシピで約4人分を作りました。
完成品はコチラ。
e0142424_2235749.jpg

じゃがいもと蒲鉾はレシピ外。
赤唐辛子を使い切っちゃっていたので、サンバル。
揚げ玉葱はコレを利用。
e0142424_22425875.jpg

規定の分量よりチキンスープが少なかったので
ココナッツミルクの比率が増えて白っぽくなりました。
カレー・パウダーも少し控え目にしたので
サンバルでちょうど良くなったので結果は合格。(笑)

次回はココナッツミルクを減らしてトライ。




作るのに約1時間。材料費も考えると、
ホーカーで手軽に食べられるのは羨ましいッス。
[PR]

by blayboy | 2009-10-18 22:57 | クッキング | Trackback | Comments(4)
2008年 11月 11日

「肉骨茶の素」の在庫が心配になってきた

日曜日から奥さんが料理教室の友達たちとソウルに旅行中。
そこで奥さんを羽田空港行きのバス停まで送った帰りにスペアリブ等を購入し、
2日分の肉骨茶を作りました。

で、今回は肉骨茶の素で迷った。
というのも、いつも使うのはこれなんです。
幾つか作ってみて一番美味しかった。
e0142424_0195380.jpg

右が「新加坡風味」で白胡椒が効いているタイプ。
左はオリジナルで色は同じだが白胡椒は控え目。

いつも2袋使うので、オリジナルだけかミックスして使っている。

バンコク仕事で仕入れが滞り、オリジナルの在庫が少なくなったので
8月の家族旅行で買おうとしたら「新嘉坡風味」しか見当たらない。
諦めて9月に期待を込めたが、その時も見つからず。
なんで?

前に買った残りと8・9月に試しにかった未知のものもあったが、
今回はチャレンジする気分ではなかったので安全策を選択。

貴重なオリジナルとまだ沢山残っている「新加坡風味」のミックスで調理。
お約束のニンニクと一緒に煮込み、
チキンライスで使うダーク・ソイソースで甘く仕上げる。(これでたっぷり色が付く)
我が家は椎茸と厚揚げを入れて完成。

スペアリブ1600グラムで仕込んだら、今夜も少し残りました。

次回はなんとしてもオリジナルをゲットしたい。
 
[PR]

by blayboy | 2008-11-11 00:43 | クッキング | Trackback | Comments(4)
2008年 05月 13日

星洲香辣醤辣

海南鶏飯ブーム(?)で家庭でも料理する人が増えたのでしょうか、
普通のスーパーでもYeo's の Singapore Chilli Sauceが売っていました。
e0142424_23233658.jpg


e0142424_2324657.jpg
チリソースには、
For Hainanese Chicken Rice と書いてあります。
さわやかな辛さです。

Dark Soya Sauceは、
原産国名 シンガポール!

シンガポールでも探しましたが入手できず、
ユーキ食品のHPで購入。
サンバルも買いました。

ジンジャーソースは家で擦り下ろした方がうまい。
海南鶏飯食堂Cookbookでは
葱油と塩で混ぜるとあった。


e0142424_0405364.jpg
もっと簡単に作りたい時はコレが便利。
鶏肉、ジャスミン米とパクチーのみ買えばOK。
グレイヴィー・ソースもついている。

ライスにも凝りたいなら、
ジンジャーやニンニクを足してアレンジを。

皮を弱火で時間を掛けて炒めて鶏油を作り、
ライスを炊く時に混ぜても美味しい。

とにかくライスが炊き上がる時の匂いが最高。

昨晩一緒に頂いたのは、
チンゲンサイの塩炒め。
ポテトサラダ
風に吹かれて豆腐屋ジョニー(笑)


GWに作ったもの
・肉骨茶
・ミーゴレン
・生春巻き(ミーゴレンの海老が余ったので翌日に)


家族もアジア飯が好きでよかった。
[PR]

by blayboy | 2008-05-13 00:04 | クッキング | Trackback | Comments(4)
2008年 04月 22日

肉骨茶の素

シンガポールで食材、調味料を調達する時に
忘れずに購入するのか肉骨茶の素。

沢山の種類があります。
e0142424_0231388.jpg

我が家のレギュラーはこの2種類
e0142424_0235871.jpg

新加坡風味は胡椒のパンチが効いている。

無くならないように使った分+αを買い続けたら、
新加坡風味が20袋、S$1.20が15袋あり、上の3種類も合わせて10袋位あった。

日曜は肉骨茶湯料を2種類とも使って調理。
裏に書いてある材料はは、肉とニンニクとブラック・ソイソースのみ。
この素をベースに生姜、八角などで好みの味に調える。

ニンニクは皮も剥かず丸ごと鍋に入れると書いてあるのも見たが、
剥いてバラバラにし、
煮込むとトロトロに柔らかくなって菜箸では掴めないので出汁袋に入れる。

椎茸と型崩れを防ぐために別鍋で煮た厚揚げを加えて、
私の好きなマレーシア風にする。

昨日の残りを食べようとしたら、
スープが少ししか残っておらずこんなさみしい姿になった。
e0142424_0364554.jpg

肉骨茶は英語だとPork Ribs Soupだが、
どう見ても日本人が想像するスープではない。

ガッツリ系の肉を喰らうスープと言っても
観たことのない日本人には ??? だと思う。


スープの色が濃いのは、ブラック・ソイソースを多めに入れたため。

GOLDEN PHOENIXを炊いたら香りが薄かった。
ちょっと残念だが、味は問題なし。
[PR]

by blayboy | 2008-04-22 01:13 | クッキング | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 20日

バスマティ米とジャスミン米

近所の輸入食材屋さんにバスマティ米があった話は前に書きましたが、
この店は中華・韓国、インド、タイ、ヴェトナムなどのアジアの食材と調味料が豊富。
タバスコの種類は半端じゃない。おそらく日本一。南米の食材も入手可。

欧米物は勿論だが、普通のものは成城石井やスーパーでも売っているので、
マニア向けの食材・調味料も多い。ベジマイトも売っていたはず。(絶対に買いません)

菓子、飲料、パンケーキ用、スコーン用などの小麦粉なども、
誰もが驚く品揃えで、賞味期限が迫ったものは激安で販売。
引越してきて一番嬉しかったお店。(次点はシネコンと選べるほどあるスポーツクラブ)

お店の人に聞いたところでは、
バスマティ米は初めて取り扱ったので定番化するかどうかはまだ判らないとのこと。
e0142424_17573641.jpg

こちら1kgで1,050円。定番化希望です。

バスマティ米は炊くのではなくお鍋で煮る(茹でる)と説明されていますが、
炊飯器でも美味しくできました。
鍋なら好みの硬さに調整できるでしょう。

バスマティ米の隣にも新規取り扱いのジャスミン米が。
e0142424_17495511.jpg

タイ米を日本で精米して袋詰めしてます。
e0142424_17505554.jpg

こちらは5kgで2,869円

地元でいつでも買えるように、1週間おきに買っておこうかな。
本当は違う人が買うといいのですが。
but, まだ在庫のジャスミン米が1kgあるので試すのは数日後になる予定。

ご飯を炊く時の匂いが好き。
今夜はバクテー。
[PR]

by blayboy | 2008-04-20 18:40 | クッキング | Trackback | Comments(2)
2008年 03月 30日

ビリヤニ@自宅

金曜日にAsian Home GourmetのIndian Chiken Curryを作ったので、
e0142424_23573057.jpg

土曜日はビリヤニを試してみようと思い、

スーパーでタイのジャスミン米を購入。
隣の輸入食料品屋に行ったらコレがありました。
e0142424_23253652.jpg

この店は毎日ある定番系と、売り切れ御免系があるが、これは後者。

ビリヤニライスの袋に書いてある作り方は、
ビリヤニライス・ソースで鶏胸肉を10分間マリネしてからフライパンで炒め・・・
とあったが、カレーに鶏肉をゴロゴロ入れてあったので、
フライパンにバターを熱し、ソースが香り出したらバスマティ米を入れて炒め、
その後は炊飯器。
炊き上がったらレーズンとナッツ(クルミ、カシューナッツ、松の実)をよく混ぜて出来ああがり。
e0142424_0585676.jpg

炊いている時はとてもいい匂いがしました。
肝心の味は... こんなものだったかな?

もう一度Allauddin's Briyani かどこかで食べて、
しっかり覚えてこないと。
[PR]

by blayboy | 2008-03-30 23:52 | クッキング | Trackback | Comments(0)